about

系・分野インタビュー

谷畑 妃音

この学部を選んだ理由を教えてください。

私は部活動の顧問であった恩師の影響で、中学生の頃から地元の栃木県で保健体育の教員になることに憧れていました。
そして、部活動引退後も小中学生を中心にバドミントンの指導をする中で、より専門的な知識を持って接していきたいと考え、教員になるための充実したカリキュラムが備わっている宇都宮大学に魅力を感じたため、選択しました。

この学部に入って良かったことを教えてください。

全国初の共同教育学部ということで、群馬大学の学生と交流する機会が設けられていたり、分野別混合クラスで多くの分野の学生と接することも多くあるため、様々な授業でより多くの意見を聴き、授業への理解を深めることが出来ることです。
また、保健体育分野は縦の繋がりも大切にしているため、先輩方から教育現場の貴重なアドバイスを聞くことも出来ます。

大学に入って成長したことを教えてください。

普段の大学生活やアルバイトを通して、人に頼ることの大切さを知ったことです。
大学はそれまでの学生生活とは異なり、自分で授業を組み立てたり、バイトやボランティアで社会人の方々と関わる機会も一気に増えるため、分からないことは1人で抱え込まずに「聞いてみる」ことがとても大切であることを学びました。

高校生へのメッセージをお願いします。

宇都宮大学共同教育学部は、教員を目指す方は勿論のこと、まだ将来の夢を考えている最中の皆さんにとっても、充実したカリキュラムによって様々な内容を学ぶことが出来る学部となっています。
進路選択で悩んでいる方も多くいらっしゃるかと思いますが、ぜひ大学のイベントなどを近くで見て、後悔の無い選択をしてほしいと思います。心からお待ちしています。

ある日のキャンパスライフ

ある日のキャンパスデイ_谷畑